意欲があれば、転職がしやすい20代

 日本社会では、転職が不利だと言われています。しかしながら、転職によって成功する人がいるのも事実です。また、昔に較べて、転職市場も大きくなり、転職する人も増えました。

 転職理由は、何でしょう?現在の会社に満足していて退職する人は、ほとんどいないと思います。そのような人々は、40代後半から50代のリストラ社員であり、そういう人々を同条件以上で雇う会社は、まずないでしょう。逆に、会社にとって、ボリュームが薄い年代や新卒で採用できない優秀な社員を中途採用したいはずです。

 現在、新卒採用者は、三年以内の離職率が、三割を超えるという現実があります。最近の若者は我慢が足りないという指摘がある一方、ブラック企業も増えており、昔の人々の考え方を鵜呑みにする事は出来ません。また、スキルアップやキャリアアップを望み、転職する人々もいます。

【おすすめページ】
【20代】初めての仕事探しが成功するガイド
仕事探しを有利にすすめたい20代必見!

 ほとんどの転職理由が、スキルアップやキャリアアップだと言われています。しかし、現実は、待遇が悪いとか上司とそりが合わないとか会社(仕事)がつまらないという理由だとされています。一般論として、大企業に勤め大きな仕事がしたいとかより専門性の高い仕事をしたいというのは、ごく自然な事です。おまけに、待遇も以前の会社よりよいのは、間違いありません。

 残念ながら、そういう会社は、新卒者にも人気があり、転職したいという希望者も多いです。つまり、超難関です。しかしながら、転職というのは、必ずしも今の会社を辞めてから活動する必要はありません。したがって、リスクゼロですから、どんどん応募する事をお勧めします。また、20代であれば、難易度の高い資格を取得して、自分の能力をアピールすると、成功の確率も高いです。

 会社に入った後に、本当の事が解かります。飲み会での先輩の愚痴や会社の雰囲気等を味わえば、自分の30年後のイメージは難しくないでしょう。将来を悲観したならば、自己研鑽に励み、転職する事を20代にはお勧めします。